経済的自立:子供の親権・監護権とお金


夫との離婚バトルで最も醜い争いになるのが、どちらが子供の親権や監護権を持つか、です。

親権・監護権のためには収入が必要

もちろん、離婚時には子供をみない側から、見ている側へ養育費の支払いもあります。

しかし、もしあなたが養育費だけが頼りで、全く収入がない状態であり、
収入のある夫も子供の親権を希望したとしたら・・

子供の年齢によっても判断が分かれるところではありますが、
少々厳しい争いになる場合もあります。

子供を養育しようと思ったら、当然それだけお金がかかってきます。

子供にだって文化的で最低限の生活が保障されるべきであり、
離婚によって子供の生活が破たんするような状況に置かれるのは避けるべきと考えられます。

実際問題、養育費が最初の約束通り支払われるのは非常に稀です。

いつ養育費がもらえなくなっても大丈夫なように
必要なだけの収入を確保する必要があります。

子供が幼いとフルタイム勤務が難しい現実

都心部では保育園のサービスが割合しっかりしているので
延長保育や夜間保育を利用することである程度何とかなる場合もあります。

しかし、保育園だってタダではありません。

私の場合、毎月保育園に8万円の保育料がかかっていました。

働くためには保育園に入れないといけない。

保育園に入れたら保育料が沢山かかる。

そんな矛盾したことが起こりえます。

また幼児の間は月に1度はは熱を出したりと休みがち。

子供の病気は予告なく、突発的です。

朝起きたら熱があって、いきなり会社を休まなければならない状況も多々あります。

離婚して、子供を引き取るのであれば
そういうこと全てが自分の肩にかかってきます。

想像しただけでダメだと思うようなら離婚をすべきじゃないし、
それでもしっかりやっていきたいと思うなら、きちんと収入を確保して
何があってもある程度大丈夫なようにするべきです

会社に正社員で仕事をしていても、このご時世、何が起こるか分かりません。

自分だけなら意外とどうとでもなりますが、
子供がいるだけで、かなりできることが制限されます。

私も会社に勤めていましたが、

本当に子供を抱えながら会社勤めをやり続けられるのか?
リストラにでもあったら次の日からどうしたらいいのか?

そう考えると不安も大きかったです。

でも離婚に踏み切れたのは、私にはアフィリエイトの収入があったからです。

万が一会社がつぶれても、アフィリエイト収入で何とかやっていける状態だったので
ある意味安心してドンドン離婚に向かっていけたわけです(笑)

やはり離婚に向かて安心して突き進むには、何はともあれお金が入ってくる仕組みがないと難しいです。

今収入が心細いとか、子どもをみながら会社勤めを続けることに不安があるのであれば
こういうテキストでまずはアフィリエイトで収入を確保することから始めませんか?

私は実はもう会社も辞めて、アフィリエイトだけで収入を確保しているので
安心して家で子供を見ていることができています。

頑張れば欲しい額だけ収入を得られるのもアフィリエイトのメリットです。

ぜひあなたも頑張ってみてください。



前の記事 » 経済的自立:自分で自分を養えるように


子供の親権や監護権を夫から奪おうと思ったら、子供を養えるだけの収入が必要になります