養育費:養育費とは


養育費とは、子どもを監護、教育するのに必要な費用です。

養育費とは

子どもを育てるのに必要な費用を養育費といいます。
一般的にいえば、未成熟子が自立するまでに要するすべての費用ということになります。

養育費として考えられるのは、子供の衣食住に必要な経費、教育費、医療費、最小限度の文化費、娯楽費、交通費等です。

子供がいる夫婦が離婚する場合、その離婚が協議、調停、裁判のどれであっても、養育費は必ず取り決められるものです。

なお、離婚後でも実情に応じて養育費の分担、変更について話し合うことは可能です。

養育費は誰が支払う

養育費は、親子の身分関係から発生します。
ですから、どちらに親権があるとかは無関係に、父母の資力に応じて分担しなければなりません。

養育費の支払いは子どもに対する親としての義務といえます。

子供を引き取っていれば、当然日々の生活の中で子供のために出費がありますが、扶養していない方は日常的に養育費を持つことが出来ません。
よって、子供と一緒に生活していない方の親が、月に1度といった回数で子供に対して養育費を支払うことになるのです。



次の記事 » 養育費:養育費の決め方・支払い方法

前の記事 » 慰謝料:慰謝料の請求と時効


養育費とは。養育費について基本を記載します。養育費は子供を監護教育するのに必要となる費用のことです。