慰謝料:慰謝料とは


離婚における慰謝料とは、不貞行為や暴力行為などによって傷付けられた肉体的・精神的苦痛に対する代償として相手に請求するものです。

離婚における慰謝料とは

離婚というと、すぐに慰謝料はどうなるんだ!?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、実際、離婚のときは慰謝料は必ずしも発生するものではありません。

慰謝料とは精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。
離婚の場合の慰謝料は、離婚原因である有責行為(不貞、暴力など)をした者に対する損害賠償請求になります。

不倫や浮気による不貞行為やDV等暴力行為が原因による離婚の場合は、どちらに非があり、どちらが有責であるかは明確です。

しかし、多くの離婚原因である性格の不一致の場合は、どちらが悪いとは言いがたく、そもそもどちらにも原因があるといえます。
このような場合は慰謝料の支払義務が生ずるとはいえない場合が多いでしょう。

慰謝料と和解金、解決金の違いとは

慰謝料というと、先にあげたとおり損害賠償請求ですから、「慰謝料」という言い方を嫌って、「和解金」「解決金」といった言い方をする場合もあります。

この場合、純粋な損害賠償請求ではなく、早く離婚をしたいがための手切れ金的な意味合いを持ったりします。

何れにしても、相手へのいやがらせとして制裁的な意味を慰謝料に持たせて強調することは筋違いです。
あくまで、相手方の有責行為に対して受けた損害分を請求するだけです。

慰謝料をふっかける、とれるだけふんだくってやれとなると、かえってまとまる話もまとまらなくなってしまうことが多いので気をつけましょう。



次の記事 » 慰謝料:和解金,手切れ金としての慰謝料

前の記事 » 財産分与:財産分与の具体例


離婚での慰謝料とはどのような意味合いを持つのでしょうか。慰謝料は和解金・解決金・手切れ金ともいいます。