財産分与:財産分与の具体例


財産分与の対象となる財産にはどのようなものがあるのかを、具体的にみていきましょう。

現金・預金
金額としては明らかですので財産分与の計算はしやすいかと思います。
預金をどちらかの名義で行っていたような場合でも実質的には2人で築いた財産と考えられますので、財産分与の対象になります。
ただし、共働きでお互いが生活費を出した残りの額を個人的に預金している場合はこの限りではありません。
不動産(土地、建物)
財産分与に入ります。ただ明確な金額を出しにくいですが、路線価、公示価格、購入時の価格などを目安に算出する場合が多いです。
動産(家財道具、車など)
財産分与の対象ではありますが、細々と計算するほどでもない場合が多く、いくつかの家財を分け合うことで精算する場合もあります。
ゴルフ会員権等、各種クラブ会員券
購入の際に預金から捻出された場合は、たとえ名義がどうであれ財産分与の対象となります。
生命保険金
すでに満期がきているものは受取人名義がどちらであっても財産分与の対象となりますが、現在支払い中のものは取扱いが難しく、財産分与にならないとみなされます。
職業上の資格
医師や弁護士など、取得するまでに長年かかる資格については財産分与の対象となります。
退職金・年金・恩給
支払いが確定しているものについては財産分与の対象ですが、未来に貰う分については取り扱いが難しいです。
債務・借金・ローン
夫婦で利用するために購入したものなどについての借金はお互いに分与します。

簡単にいくには、お互いが持つ全ての財産を出し合って分割するのが分かりやすいです。

ただ、一方が浪費家であり、もう一方が生活を切り詰めて貯めた場合は、分与対象ではなく貯めた方の特有財産とみなされる場合もあります。



次の記事 » 慰謝料:慰謝料とは

前の記事 » 財産分与:財産分与の割合


実際に財産分与されるものにはどのようなものがあるのか、1つ1つ例を挙げてみてみましょう。