婚姻費用:婚姻費用とは


結婚して夫婦が生活を送っていく上で、いろいろな費用がかかります。これを婚姻費用と言います。

婚姻費用とは

夫婦の間には、お互いの生活を自分の生活の一部として、相手方が自分と同じレベルの生活を続けていけるように扶養するという「生活保持義務」があり、夫婦はその資産、収入その他の一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する義務があります。

婚姻費用の中には、日常の生活費、衣食住の費用、医療費、交際費、などのほか子どもの養育費もふくまれます。

夫婦が普通に同居して円満な婚姻生活を過ごしている場合には、婚姻費用なんて考えていないと思います。 しかし円満な婚姻生活が破綻し、夫婦が別居した時などに婚姻費用が問題になります。

別居中だからといって夫が妻子に生活費を渡さないのは法律的にも許されません。
例え、夫からの暴力を避ける為や、離婚の協議中・裁判中の別居だとしても、婚姻費用分担の義務は生じます。

ただし、自分の都合のみで勝手に家を飛び出したりするなど相手の意思をまったく無視した別居は「悪意の遺棄」とみなされ、婚姻費用どころか、逆に離婚原因になる場合もありますので注意して下さい。

婚姻費用の分担額

婚姻費用の分担額は法律的にいくらと決まっているわけではありませんが、家庭裁判所の統計によれば月額4〜15万円が多いようです。

また婚姻費用算定表から、特別な知識がなくても誰にでも簡単に個々のケースに合った婚姻費用を知ることができます。
自分の相手方の年収と子供の年齢・数から簡単に婚姻費用が求められます。

※関連リンク

なお、婚姻関係の破綻の有責割合によって、婚姻費用の減額になったり増額になったりする場合もあります。



次の記事 » 婚姻費用:婚姻費用の請求の仕方


婚姻費用について。夫婦はお互いに生活保持義務があり婚姻費用を分担する義務があります。