子連れ再婚:再婚後の子供の戸籍と姓


さすがに、子供が未成年の場合、子供一人の戸籍のまま放置しておくわけにも行きませんので、なんとかする必要があります。

再婚後の子供の戸籍

子供も再婚相手の戸籍に入れたい場合は、2つの方法があります。

家庭裁判所に「子の氏の変更」を申し立てる
離婚の際に子供をカナコさんの戸籍に入籍したように、家庭裁判所に子供の戸籍と姓の変更を申し立て審判を受けます。審判がでましたら役所にて届出をすることでヤマダさんの戸籍に入ることができます。
ただし、注意点として、この場合は、単にカナコさんの子がヤマダの戸籍に入りヤマダの姓を名乗ることができるだけで、ヤマダコウジさんとの親子関係は成立していませんし、コウジさんの法定相続人にはなれません。
「養子縁組」をする
入籍届と違い、家庭裁判所に許可を申し立てる必要はありませんし、婚姻届と同時に役所に提出することで成立します。
戸籍上の続柄は「養子(養男)」として記載され、再婚相手は養子を扶養する義務が発生します。
また子供は再婚相手の法定相続人になることができ、更に実父母の法定相続人でもあります。

さて、今回「養子縁組」を選択したとします。

ヤマダさんの戸籍

  • ヤマダ コウジ(戸籍筆頭者)
  • ヤマダ カナコ(妻)
  • ヤマダ コウタ(コウジと元妻の長男)

タケダさんの戸籍

  • ×タケダ カナコ(戸籍筆頭者)
  • タケダ カズキ(元夫とカナコの長男)

ヤマダさんの戸籍

  • ヤマダ コウジ(戸籍筆頭者)
  • ヤマダ カナコ(妻)
  • ヤマダ コウタ(コウジと元妻の長男)
  • ヤマダ カズキ(元夫とカナコの長男)

全員が同じ戸籍に入りました。

さて、子供が2人とも長男?と思われるかもしれません。
戸籍上の"長男"とは、あくまで特定の夫婦間の子供の生まれた順によるものです。

コウタ君はコウジさんと元妻との長男であり、カズキ君はカナコさんと元夫との長男ですから、どちらも見かけ上「長男」となります。
(戸籍にも誰の長男かが記載されます)

更にこの後、コウジさんとカナコさんの間に子供が出来て男であれば、コウジさんとカナコさんの長男となるわけです。

住民票や健康保険証など、日常的に目にする書類等では「子」「男」「女」としか記載されませんので、誰が長男であるかどうかはあまり気にならないでしょう。

戸籍は戸籍、日常生活上は誰がお兄ちゃんかは年の順で決めて構いません。
続柄関係なく、愛情あふれた家族関係を構築することが大切です。



前の記事 » 再婚後の戸籍と姓


離婚後の子供の戸籍と姓について。子連れ離婚の場合、長男が複数人になることも、子連れ離婚の戸籍と姓について。