再婚後の戸籍と姓


再婚した後の戸籍と姓はどうなるのでしょうか。

再婚したらどうなる?

さて、カズキ君はカナコさんの戸籍に入っているとしましょう。
カナコさんが、縁あって再婚をすることになりました。
再婚の相手にも前の妻との間の子供がいるとします。

もし結婚後、カナコさんが相手の戸籍に入るとしたらこのようになります。

ヤマダさんの戸籍

  • ヤマダ コウジ(戸籍筆頭者)
  • ヤマダ コウタ(コウジと元妻の長男)

タケダさんの戸籍

  • タケダ カナコ(戸籍筆頭者)
  • タケダ カズキ(元夫とカナコの長男)

ヤマダさんの戸籍

  • ヤマダ コウジ(戸籍筆頭者)
  • ヤマダ カナコ(妻)
  • ヤマダ コウタ(コウジと元妻の長男)

タケダさんの戸籍

  • ×タケダ カナコ(戸籍筆頭者)
  • ヤマダ カズキ(元夫とカナコの長男)

コウジさんとカナコさんが再婚し、カナコさんがコウジさんの戸籍に入りました。

結婚によりカナコさんが元の戸籍から抜けた形になり、カナコさんの子供のカズキ君は元の戸籍に取り残されてしまいます。

カナコさんの子供はカナコさんの再婚だけでは戸籍も姓も影響を受けないのです。

子供が成人している場合はあまり問題がないかもしれませんが、子供が未成年の場合は、戸籍筆頭者が除籍されたままの戸籍に残っていることは現実的には問題がある場合があります。

再婚後の子供の戸籍と姓については次のページで説明します。



次の記事 » 子連れ再婚:再婚後の子供の戸籍と姓

前の記事 » 子連れ離婚:離婚後の子供の戸籍と姓


離婚後、再婚したとしたら戸籍と姓はどう変化するのか。再婚後の戸籍と姓について説明します。