離婚後の戸籍と姓


離婚をした後の戸籍と姓はどのように移動するのかを見てみましょう。

離婚後は戸籍はどうなる?

殆どの場合、戸籍筆頭者を夫として自分と子供が夫の戸籍に入っている状態が多いかと思います。
事例として、次のような戸籍であると想定して話を進めます。

  • タケダ ユウイチ(戸籍筆頭者)
  • タケダ カナコ(妻)
  • タケダ カズキ(長男)

※名前は仮名です。もし同じ名前の方がいらっしゃいましたらすみませんm(_ _)m

さて、今この家庭で、離婚となった場合を考えます。
今住んでいる家からどちらが出ようが、戸籍とはまた別問題です。
たとえ現在の自宅に妻と子供が住み続けるとしても、戸籍からは戸籍筆頭者でない人が出て行くことになります。

  • タケダ ユウイチ(戸籍筆頭者)
  • ×タケダ カナコ(妻:旧姓スズキ)
  • タケダ カズキ(長男、親権者:カナコ)
  • スズキ カナコ

タケダの戸籍から、妻が抜ける形になります。
またタケダの姓から、旧姓であるスズキになるのが原則です。

妻は誰の戸籍になる?

さて、いまタケダの戸籍から抜け出たカナコさんですが、カナコさんは誰の戸籍に属しているのでしょうか?

選択肢は2つあります。
1つは「結婚前の戸籍に戻る」で、もう1つは「自分で新しく戸籍を作る」です。

1つ目の方法は、いわば結婚前の状態に戻るようなイメージです。

2つ目は、自分で本籍地を決めて、自分だけの戸籍を作る方法です。
離婚後も婚姻時の姓を名乗りたいとか、子供を夫の戸籍から自分の戸籍へ移動したい場合などは、自分の戸籍を新しく作ることになります。
(本籍地はどこでも構いませんが、現実的には自分が住んでいる住所とすることが多いです。後から本籍も移動できますので、本籍をどこにするかをあまり深刻に悩む必要はありません。)

離婚届を書く際に、どちらを選択するかを決め、離婚届に記載することになります。

離婚後も苗字を変えたくない

妻が戸籍から抜け、元の戸籍に戻るにしても、新しく戸籍を作るにしても、原則的には苗字は旧姓になります。

しかし、婚姻期間もそれなりにあり、仕事上の都合や対外的なものから、旧姓に戻すよりも婚姻中の姓を引き続き利用したい場合もあります。

このような場合は、離婚の際に称していた氏を称する届を提出することで、婚姻中の氏、例の場合で行けば、カナコさんも離婚後でもタケダの姓を名乗ることができます。

この届けは離婚届と同時に出すことも可能ですし、離婚後3ヵ月以内であればいつでも可能です。
ですが、逆に、一度届出を出した後で、やっぱり旧姓に戻りたいと思った場合は、家庭裁判所の審判が必要となりますので注意して下さい。

  • タケダ ユウイチ(戸籍筆頭者)
  • ×タケダ カナコ(妻:旧姓スズキ)
  • タケダ カズキ(長男、親権者:カナコ)

新しく自分の戸籍を作り、「離婚の際に称していた氏を称する届」により、離婚後も婚姻中の姓を名乗ることにした。

  • タケダ カナコ(戸籍筆頭者)



次の記事 » 子連れ離婚:離婚後の子供の戸籍と姓


離婚後の戸籍と姓はどうなるのか?戸籍筆頭者以外が戸籍から抜けることになり苗字は旧姓に戻るのが原則です。