面接交渉権:面接交渉の事例集


離婚後の生活も様々です。こんなときの面接交渉はどうなるの?いくつかの事例をまとめました。

祖父母の面接交渉権

離婚によって祖父母も孫に会えなくなったという場合。祖父母に面接交渉権というのはあるのでしょうか。

残念ながら、祖父母には面接交渉権というのは存在しません。
離婚時に養育費の支払い義務がないのと同じ理由です。

離婚前に実際にその子供を親に代わって育てていたなどの特段の事情がない限り、権利としての面接交渉権は認められていません。

ただ祖父母が孫に会えないということではありません。
親が子供に会う際に一緒に動向するとか、年に1度面接交渉の日を祖父母の家へのお泊りにするといったことを相手方にも認めてもらうと良いでしょう。

再婚後の面接交渉権

子供が引き取っている側が再婚した場合ですが、子供が新しい親になじんでいて、実父(母)と面接交渉することで子供の精神状態が乱されたりする場合は、面接交渉が否定されています。

逆に、子供を引き取らなかった方が再婚し、新しい家庭を作った場合ですが、新しい家庭を目の当たりにすることで子供が同様する場合は、面接交渉を拒否することも可能です。

これはあくまで子供のことを考えてでた判断です。
再婚したから面接交渉を拒否する理由にはなりません。

相手から何の音沙汰もない

子供を引き取らなかった方から、面接交渉について何も要求してこない場合は、無理に面接交渉を要求する必要性はありません。

ただ、最近では、面接交渉は権利というよりも、親としての義務でないかといった考え方も出てきていますので、もし子供が会いたそうであれば相手方に少し聞いてみるといった調整も時には必要かもしれません。



前の記事 » 面接交渉権:面接交渉権の制限,停止


面接交渉についての事例集です。離婚後の様々な生活の変化で、こんな時の面接交渉権はどうなるの?