面接交渉権:面接交渉権の制限,停止


面接交渉権が制限されたり、停止されたりする場合もあります。

面接交渉権が制限・禁止される場合

面接交渉権はあくまでも子供の福祉や利益を最優先に考える必要があります。
親は子供に会う権利があるのだからと、エゴや権利の濫用は許されません。

面接交渉の際にこんなことをしていませんか?

  • 「こっちで一緒に暮らすべきだ」と復縁を迫る
  • 過剰な小遣いを渡す
  • 逆に金銭の無心をする
  • 相手方のの悪口を聞かせる
  • そのまま子供を連れ去ろうとする
  • 暴力を振るう

このようなことを繰り返すことは、子供の心身に悪い影響を与える場合があります。
よって、面接交渉権の制限を家庭裁判所に申し立てることができます。

特に、子供を連れ去ったり、暴力を振るうといった行為は面接交渉の制限だけでなく、禁止とされることもあります。

面接交渉の場だけでなくとも、養育費の支払い能力があるにもかかわらず養育費を支払うおとしない親に対しても、子供への愛情に疑問が持てることから面接交渉権が制限される場合もあります。

面接交渉権は親だけの権利ではありません。
子供の福祉、利益でもありますので、子供の意向を十分に尊重しなければなりません。



次の記事 » 面接交渉権:面接交渉の事例集

前の記事 » 面接交渉権:面接交渉に送り出す側


面接交渉権はいつでも認められるわけではありません。面接交渉権が制限されたり禁止・停止される場合について。