監護権:監護権とは


監護権とは「身上監護権」であり未成年の子の身の回りの世話をしたり、しつけや教育をしたりすることです。

監護権とは

親権者でもめている場合、親権をゆずり、監護権を取るといった方法もあります。
子供を実際に引き取り育てるのは監護者となります。

監護者になるためには、離婚届にそれを記入する必要もありませんし、法的な手続きをとる必要もありません。
ですから、離婚後であっても話し合いにより監護者を変更することは可能です。

通常は、親権者が同時に監護権を有し、子供を引き取って養育・監護します。
しかし、親権の奪い合いで話が進まない場合や、子供の福祉のために監護権者と親権者を分離することが必要な場合は、親権者でない父母の一方又は第三者を監護権者に定めることができます。

監護権者を定めた場合は、身上に関する監護は監護権者が行い、子の財産に関する法律行為の代理は親権者が行うことになります。

親権と監護権を分けた際のデメリット

親権と監護権を分けることで、離婚後も双方が子供に関わることができ、非常によいように思えます。
ただし、分けることによってデメリットもあります。

例えば、身の回りの世話をするのは監護権者ですが、親権者であることを理由に子供を連れ去ってしまう可能性も否定できません。

また監護者に親権がないことで、パスポート申請や種々の手続きが面倒であったりします。

監護権を得ること

実際には監護権が親権の本質であるといってもよいのではないでしょうか。

子供を監護・養育することは保護者の未成年者に対する権利として、民法で規定され、刑法で保護されています。
また権利であると同時に監護権は義務であり、監護を怠った結果、その保護する子女の身体・生命・安全に危険が生じた場合、保護責任者遺棄罪で処罰されることもあります。

離婚によって家族が少なくとも変化する時に、子供に出来るだけ負担のないよう配慮し、子を育てていく義務が監護権者にあるといえます。



次の記事 » 親権者と監護権者の指定方法

前の記事 » 親権:親権争いと決着点


親権と監護権を分けて考える場合も。監護権を持てば子どもを引き取れます。