子供関わる親の権利と義務


まず子どもに関する親の権利・義務とはどのようなものがあるのかをみてみましょう。

親の権利と義務

子供に対する親の権利と義務を大きくわけると次のようなものになります。

親権
親が子どもに関して持つ権利・義務のこと。
親権者は、子どもの生活や教育に関する権利・義務、財産に関わる権利・義務を持ち、子の法定代理人となります。
離婚し夫婦の戸籍が離れる場合、親権は戸籍に記載されます。
監護権
子どもを監護・教育する権利。大きくは親権の一部ですが、分けて考える場合もあります。
親権者が監護者を兼ねる場合が多いが別にすることもでき、監護権を持てば子どもを引き取れる。
監護権は戸籍には記載されません。
面接交渉権
親が自分の子どもに面会する権利です。
特別な事情がない限り、もう一方の親が子どもとの面接を拒否することはできません。
離婚の協議で面接の頻度などの具体的な内容を決めて書面にしておくとよいでしょう。

通常、「親権」について関心が大きいですが、実際には親権と監護権を分けて考えることで、夫婦それぞれが離婚後も子供に関わることができるようにする場合があります。
親権を相手方が譲らない場合は相手に譲り、監護権を自分が持てば子供は自分が引き取ることになります。

また、面接交渉権は基本的に相手方の申し出があった場合拒否できません。
夫婦の関係は終わっても、子供と親の関係が切れるわけではありません。
また、面接交渉をしっかりすることで、相手方も養育費の支払いも滞らないといった良い点も考えられます。



次の記事 » 親権:親権とは


婚姻中は真剣に考えていなくとも離婚となると子供に関わる親としての権利と義務を把握しなければいけません。