離婚と子供


離婚後の子供について。親権と監護権の違い。面接交渉権、離婚後の子供の戸籍と姓について説明します。

子供関わる親の権利と義務
まず子どもに関する親の権利・義務とはどのようなものがあるのかをみてみましょう。
親権:親権とは
親権とは、成年に達しない子を監護、教育し、その財産を管理するため、その父母に与えられた身分上及び財産上の権利義務の総称です。
親権:親権者と戸籍、姓
婚姻中は深く考えなくとも父母が親権を持ちます。しかし離婚後はいろいろとややこしくなります。
親権:親権争いと決着点
夫婦間の愛情が冷めても、子供のこととなるとまた別問題。どちらも子を自分の方に得たくて親権争いが起こる場合もあります。
監護権:監護権とは
監護権とは「身上監護権」であり未成年の子の身の回りの世話をしたり、しつけや教育をしたりすることです。
親権者と監護権者の指定方法
親権者と監護権者になるには、どのような手続きが必要なのでしょうか。
親権者と監護権者の変更方法
離婚の際に決定した親権者と監護権者を、その後変更するにはどうしたらいいのでしょうか。
面接交渉権:面接交渉権とは
離婚して親権者でない方が自分の子供に会うための権利として「面接交渉権」があります。
面接交渉権:面接交渉権の制限,停止
面接交渉権が制限されたり、停止されたりする場合もあります。
面接交渉権:面接交渉に送り出す側
面接交渉をする側の親に制限や停止があるように、送り出す側の親も注意しなければならないことがあります。
面接交渉権:面接交渉の事例集
離婚後の生活も様々です。こんなときの面接交渉はどうなるの?いくつかの事例をまとめました。

離婚後の子供について。親権と監護権の違い。面接交渉権、離婚後の子供の戸籍と姓について説明します。