協議離婚:協議離婚とは


協議離婚とは日本で最も多い離婚の方法です。協議離婚の仕方、手続き、注意点などについて説明します。

協議離婚の手続き方法

協議離婚をするにあたって、特にやらねばならない手続き等はありません。
離婚届にお互いサイン・捺印、成人2名の署名・捺印があり、役所に提出すればそれで協議離婚が成立します。

離婚届は最寄の役所へ行けばもらえます。
お互いのサインも別に片方が全て記載してしまっても構いませんが、後でトラブルにならないよう、お互いに署名した方がよいでしょう。

簡単に手続きできますし、これといって取り決めもないため、一番手軽な方法といえます。

なお、日本においては、まず協議離婚をまとめることから始まります。
夫婦で離婚について協議しないまま、調停や裁判離婚に移ることはできません。

そのため、相手にどんなに問題があろうとも、まずは協議離婚を成立させるための努力は必要となりますし、相手の合意がとれない場合は協議離婚はできません。



次の記事 » 協議離婚:協議離婚の前に

前の記事 » 離婚の成立まで


日本の離婚の実に9割を示す協議離婚。夫婦で離婚について協議し合意すればどのような理由であれ離婚できます。協議離婚とは。