離婚届:正しい離婚届の出し方


離婚の協議がまとまっているとして、離婚届を貰ってから記載し、役所に提出するまでの流れをみてみましょう。

1.離婚届を貰う

では離婚届はどのように記載し、出せばよいのでしょうか。

まずは、離婚届の用紙を貰わねばなりません。
離婚するということは結婚しているでしょうから、婚姻届を貰いに行った先と同じところに離婚届の用紙もあるはずです。
自分が住んでいる地域の役所の戸籍係のような所へ行って、離婚届が欲しい旨を伝えればもらえるはずです。

離婚届は戸籍に関係する書類であり、全国統一書式です。
しかし、細かい枠作りや記載欄は微妙に自治体によって異なります。
(例えば、"大阪市長宛て"といったように自治体名が既に印刷されていたりします)

どの地域でもらった離婚届でも全国どこに提出しても構いませんが、基本的には戸籍・住所のある地域の役所でもらって、その役所に届出を出すのが一般的です。

離婚届の用紙の見本を見たい場合は離婚届ダウンロードのページにpdf形式で離婚届をダウンロードできるよう準備してありますので、ご参考にどうぞ。

2.離婚届に記載する

お互いに署名捺印します。
ハンコは実印である必要はありません。認印でokです。

更に、このような事柄を記載する欄があります。

子供の親権
子供がいる場合はどちらが親権を持つかを協議した上で、離婚届に記載する必要があります。
(参考:親権とは)
姓が変わる方の本籍
離婚で姓が変わる方(多くの場合妻側)は、離婚後に新しい戸籍を作るのか、結婚前の戸籍に戻るのかを選んで記載します。
離婚の種類
協議離婚か調停離婚か、審判離婚か裁判離婚かを選択しチェックします
証人(協議離婚の場合)
成人2名の署名・捺印(認印でok)が必要です

親権者がだれになるのかを離婚届にて指定しますので、特に子供がいる場合は、テレビのように勝手に離婚届に記載して置いて出て行くことはできないはずです。

3.離婚届を提出する

離婚届の全てに記載ができれば役所へ提出します。
もし姓が変わるほうが新しく戸籍を作る場合や、婚姻前の姓を名乗る場合は併せて届出を出す必要があります。

ですから、離婚届自体はどの役所へ提出しても構わないのですが、戸籍のある役所へ提出し、併せて各種届出をした方がスムーズです。

もし、相手に提出を依頼したものの、本当に提出するかどうか不安な場合は、届出を出した際に「離婚届受理証」を貰ってきてもらうと良いでしょう。
有料ですが、間違いなく離婚届を提出し受理された証明になりますので、費用を払ってでも貰ってきてもらいましょう。

4.各種手続き

離婚届を提出しても、自分の戸籍が夫の戸籍から抜けるだけで、他の処理はされません。
住民票の移動はもちろん、子供を自分の戸籍に移す手続きや、母子家庭・父子家庭になることで受けられる各種手当ての申請は自ら届出を出さなければなりません。

離婚届を出した際に、どのような届出が可能になるのかを併せて確認し、役所内ですむものはまとめて申請しましょう。

なお、子供の戸籍の移動は家庭裁判所へ行く必要がありますし、預金口座等の住所変更は当然その銀行の窓口へ行く必要があります。

離婚後は数日余裕を持って、手続きに時間がかかる覚悟でいましょう。
(参考:ブログで実体験で記載していますので、こちらの方が分かりやすいかもしれません。)



前の記事 » 離婚届:離婚届を無効・撤回する方法


離婚届の基本的な書き方について説明します。離婚届には子供の親権や離婚後の戸籍をどうするかといったことを記載しなければなりません。