離婚の成立まで


いざ離婚を考えた時、離婚の手続きはどうしたらよいのか悩むかもしれません。

現在、日本の離婚が成立した件数のうち、約90%は協議離婚という手続きで離婚をしています。

協議上の離婚をする場合には、離婚について夫婦が同意をしていることが条件ですが、それ以外に形式上の手続きは特にありません。 離婚届を役所に提出することで離婚が成立します。

なお、残りの10%ですが、調停離婚が9%、裁判離婚が1%となっています。

夫婦で離婚について話し合いがまとまればよいといっても、現実的にはこれが難しい場合もあります。

離婚を考えるということは、多くの場合夫婦間の仲は非常に悪い状態になってるからです。
落ち着いて、顔を突き合わせて話し合いを持つなんて・・・という場合もあるでしょう。

しかし、日本では調停前置主義であり、まずは夫婦間で協議を図り、それがどうしても合意できない場合に初めて調停へと進めることができます。

また面倒だからと、きちんと離婚後の取り決め(財産分与や慰謝料、子供の親権・養育費など)をしないまま、離婚届を出してしまいますと後々困ることが多くなります。

感情的に納得いかないことがあっても、最後の最後、夫婦できちんと離婚について話し合いをし、協議をまとめた上で離婚手続きを行うのが理想です。

離婚成立までの手続きの流れ

離婚の話し合い
・財産分与・慰謝料・子供の親権・養育費など
−合意→ 協議離婚

↓不合意
離婚調停−調停成立→ 調停離婚

↓調停不成立
調停に代わる審判−審判確定→ 審判離婚
離婚訴訟−勝訴→ 裁判離婚

↓敗訴
離婚不成立



次の記事 » 協議離婚:協議離婚とは


離婚の仕方、やり方。離婚が成立するまでの流れを説明します。どうやって離婚するのか。離婚の流れ。