児童手当


児童手当制度は、児童を養育している人を対象に支給される手当です。

児童手当とは

児童手当を支給することにより家庭における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的にしています。

支給対象は12歳になった最初の3月31日までの間にある児童を養育している方です。

ただし、所得が一定額以上の場合には支給されません。

児童手当の支給手続き

児童手当は、児童を養育する家計の主たる生計維持者が最寄の役所に申請します。
認定を受ければ、申請した翌月分から支給されることになります。

申請は任意ですので、子供を出産するなど、家族構成に変化があった場合必ず申請しましょう。

児童手当の支給額

子供の年齢によって額が異なります。

  • 3歳未満:10,000円
  • 3歳以上:第1子,第2子 5,000円、第3子以降 10,000円

児童手当の支給時期

児童手当は、原則として、毎年2月、6月、10月に、それぞれの前月分まで(4ヶ月分ずつ)が支給されます。

児童手当の所得制限限度額

児童手当の支給には所得の制限があります。
これは自営業・サラリーマンの場合で異なり、また扶養親族の数によっても異なります。

前年度の所得額で判定されますが、所得制限限度額は年によって変更されることがありますので、詳しくは市区町村窓口に確認してみてください。

             
扶養親族等の数自営業者サラリーマン
0 人460.0532.0
1 人498.0570.0
2 人536.0608.0
3 人574.0646.0
4 人612.0684.0
5 人650.0722.0

単位:万円



次の記事 » 児童扶養手当


児童手当とは。児童手当の概略と支給の手続き、時期、所得制限限度額などについて説明します。