離婚後:ロハスな生活


ロハス(LOHAS)とは「環境と人間の健康を最優先し、持続可能な社会の在り方を志向するライフスタイル」だそうです。

最近何かと目にする言葉ですよね。

離婚してからというもの、生活単位が自分と子供だけですから、今まで出来なかったことにチャレンジできたり、試してみたりできます。

特に食事。
今までは家族数が多かったので、万が一ヘンなものを作ってしまっては文句を言われるかもしれませんでしたが、今は2人だけ。
試してみて、ダメなら何か買ってきて食べたらいいやん、とお気楽になりました。

お米も安売り特売品狙いではなくて、昔ながらのお米屋さんでつきたてを購入。
おいしく食べたいもん。
安売りスーパーのお米とはやっぱり違いますよ。

パスタのソースとかも今まではレトルトや缶ソースを買ってたりしたけど、生トマトから作ってみたりしています。
その時その時で、イマイチ味が薄かったりするけど、自然な味でいいじゃないってことで。

パンも今までは買ってたんだけど、この頃手作りパンにチャレンジしてます。

別に何でも時間をかけて手作りしようとしているわけではなくて、作り方自体は手軽な方法を選んで、短時間で出来る方法でやってます。
手作りパンだって電子レンジ併用で発酵時間も短いしね。1時間くらいで出来るレシピ。

冷凍庫もフル活用して、食べきれないものは冷凍保存してるし、何でも自然なままでってわけじゃない。

自分のライフスタイルにあわせた上で、できるだけ、健康的な生活が出来たらなあと思ってます。



次の記事 » 子連れ離婚:保育園の先生

前の記事 » 離婚後:手続きは続く(au携帯電話料金)


生活物品も食生活も、家族単位が小さくなったので好きなようにできるし、チャレンジもしやすい。手作りできるご飯は手作りで。