離婚後:手続きは続く(水道料金の免税)


あちこち面倒・・・でも、きちんと手続きしないとお得にならないしね。

先日児童扶養手当の認定通知(但し0円、補助なし)が来ましたが、これを水道局に行って手続きすれば水道・下水道使用料のうち、基本料金が無料になるのです。

水道局って微妙に遠い。

各区に1つあるわけでなく、私の場合、電車に乗って行かないといけなくて、当然平日しかやってないしで、中々行けずにいました。

今月も1日有休を利用して、こういう手続き関連をまとめて終わらせるぞ!と、やっと行ってまいりました。

水道料金の免税の手続きは至って簡単。
水道局へ行って、必要書類を提出して、申込用紙を書くだけです。
5分とかからず、終了しました。

さーこれで水道使い放題だ! じゃなくて、使った分は引かれるのでタダではないし。

基本使用料内で10L分あるので、これ以上に水を使わなければ無料になるのかなあ?
とりあえず離婚して引っ越してから、まだ水道料金の支払いが来ていないので、どのくらい利用しているのかがわかりません。

これで、一応公的な免税等の手続きは終わったことになるのかな・・・
長かった・・・2ヶ月かかりました。
いや、別に2ヶ月間ずっと手続きに追われていたわけでなくって、動いたのは数日ですが、そんな続けて会社休めないので、2週間に1度とか有休とって、一気に手続きをして回りましたので期間としては長くかかってしまいました。

銀行とかクレジットカードの住所変更はまだ途中(- -;)
都市銀行と郵便局だけは手続きしたけど、ネットバンク関連は手付かず。
ネットバンクなのに、ネットから住所変更ができないとは不便だ?

あと、どーでもいいショップからのダイレクトメール関連は放置。
でも転送期間が終了した後に、離婚前の家に私宛ての手紙が(たとえダイレクトメールでも)届くのは何だかちょっと嫌なので、なんとかしないといけないなとは思ってるんですけどね。

あと実は携帯電話がちょっと問題アリ・・・
これはまた次のページに記載します。



次の記事 » 離婚後:手続きは続く(au携帯電話料金)

前の記事 » 離婚後:手続きは続く(児童福祉関係の免税)


大阪市の児童福祉(母子家庭・ひとり親家庭)の減免等の手続きが続いています。今日は水道料金の基本使用料の減免手続きへ。