離婚後:いよいよ旅立ち、バツイチ独立宣言


そして、とうとう引越しの日となりました。

午前中に引越し業者(クロネコ)が来る予定。
最後の朝はバタバタと過ぎていきます。

今まで来ていたパジャマや洗濯物などを最後にダンボールに詰め込んだり、使っていた子供のおもちゃも全部ダンボールへ。

子供用タンスは中身入れっぱなしでokとのことだったので、養生テープで引き出しを止めました。

クロネコがやってきて、2人がかりでテキパキと荷物を運び出してくれます。
なんせ2人分の荷物だけなので、1時間もかからず全て詰め込み終了。

また引越し先もそれ程離れていないので、このまま向かって荷物を今度は搬入するとのこと。

じゃ、私も、これにて失礼させて頂くか・・・

元母は部屋にこもったままで、元父が居たので、ではお世話になりました、と一言。

鍵を返してといわれたので、目の前でキーホルダーから鍵を外して渡しました。

そして自転車に子供を乗せ、サ?と立ち去りました。
(新居は自転車でいける距離なのだ)

あっけないですが、これでもうこの家、この家族ともサヨナラ!です。

新しく生活の始まる新居に着いたら、今どは荷物を全部搬入してもらいました。
大きな家具などはないので、1部屋に全部ダンボールを置いてもらって、引越しもおしまいです。

電化製品は既に取り揃えてあるので、荷物さえ片付ければ生活はできます。

とりあえず服などを適当に片付けて、お買い物に行かねばです。
家電製品はあれども、食料品がない(^ ^;)

適当にお野菜やらお菓子やら、飲み物やら、
でもって、今日はご飯を作る気がないのでとりあえずのカップ麺(- -;)

でもこれは失敗。
引越し当日くらい、ちょっと豪華にすべきだったと反省。

新しい旅立ちの日に、カップ麺はわびしかった。
かろうじて引越しってことでソバのカップ麺にしたものの、せめてピザくらい取ればよかった・・・

まあ、とにかく、私の新しいお城☆ができたわけです。
何もかも自分の好きなように配置して、好みのものを置くことができる!

ゴミ箱だってカラーを統一して買うもんね。
ヘンな絵の描いてあるカーペットなんかも敷かなし、青色の針金ハンガーも使わないもんね?

さ、今日から私が一国一城の主、この家の大黒柱(古!!)
がんばるぞ?



次の記事 » 離婚後:生活必需品は以外に多い

前の記事 » 離婚準備7:引越し業者選びと準備


とうとう引越しの日が来ました。荷物を全て詰め込み、鍵を返して全て終了。新しい生活・ライフスタイルに向けて希望でいっぱい。