離婚バトル15:そして離婚バトルも終わり・・・


たった2?3週間とはいえ、離婚バトル中は長く感じました。

離婚にあたっての協議内容の騒動も終わり、最後の数日は静かに、しんみりと過ぎました。

実はなんと元夫の祖母まで同居しているという3世代同居な家でしたので、祖母にも離婚を言わねばなりません。
子供の問題が片付いた日に祖母にも宣言をしました。

元母やこの離婚騒動の間ストレスで全身に蕁麻疹ができたそうです。
もともとアレルギー体質ですので、負荷がかかって出たのでしょう。

元父は祖母に私たちが離婚をすると伝えた時に、大泣きをしました。
最後のあきらめの気持ちと、もうどうにもならないことを思うと泣けてしまったのでしょう。

祖母は自分に発言権がないことを理解しているようで、私には何も言いませんでしたが、元母へは文句を言っていたようでした。

元夫は・・・ここまでくればアッサリしたものです。
あれこれ、掃除していけとか、要らないものだからといって置いていくなとか、ま、そんな感じ。

子供は、まあ特に変わりなく。
見た目上は、かもしれませんが、下の子はまだ深い意味を分かっていませんし、上の子は今の家にそのまま暮らすわけですし、いつでも私のところに来れることからも変化も少ないのかもしれません。

そして、私はというと・・・

なんだか、足が地につかない感じ。
一通りの騒動が終わると、なんだか現実感が一挙になくなりました。
私、もう出て行くんだよね、って何となく他人事っぽく思えたり。

急に家庭の中が落ち着いたからかも知れません。

今までバタバタしてたからね・・・ちょっと一息です。

元母じゃありませんが、この離婚騒動の間、私も年かなあ、体にガタが来た気がします。

胃は痛くなるし、頭痛はするし、腰はぎっくり腰かと思うくらい痛くなるし、左足はしびれがあるし・・・

年って嫌だわ。

でも、これからは、私が一人でチビを育てていかなければいけない!体が資本ですよ!

健康に気を使いつつ、頑張っていこうと思いました。



次の記事 » 離婚準備7:引越し業者選びと準備

前の記事 » 離婚バトル14:離婚協議書と実際の決定事項


離婚バトルも終わり、お通夜みたいな日々になりました。しんみり、しっとり、何となく悲しみが漂っている感じ。