離婚バトル4:夫に離婚を切り出す2


さて、夫にもいよいよ離婚を決断してもらわねばなりません。

離婚バトル1:夫に離婚を切り出すにも書いたとおり、夫には離婚日と決めた半年前に離婚届や離婚協議書については書名捺印をしてもらっています。

とはいえ、あれは半ば詐欺っぽく未来の日付で記入してもらっていますので、今回改めて離婚をするということを認識してもらわねばなりません。

「そろそろ3月だし、離婚について進めたいのですが」

と、切り出しました。

まあ、離婚届に署名してもらってから婚姻生活が続いていたとはいえ、基本的に目も合わさないし、話もしない。
半径1m以内に入りそうになったら、避ける、みたいな感じで日々を過ごしていました。

だから、元夫も、もう復帰はないだろうということは、多分、ある程度は認識していたと思います。

なので、離婚を本格的に進めたいという話を出したときは、それ程大騒ぎにはなりませんでした。

ただ、離婚協議書の内容については、文句を言い出しました。

財産分与の額が納得いかないとか、子供をどうするかはこれから考えるとか。

離婚協議書にハンコをついていても、こーなんですから、協議書をまとめていなかったら、どれ程もめたのだろうかと思うとぞっとします。
ほんと、離婚届と離婚協議書に多少強引にでも署名捺印してもらっていて良かったと思いました。

財産分与については、資産といっても車や家財についてはハッキリしませんし、お互いの給与口座は100万にも満たない額しかはいっていませんので、土地建物と大きく預金のある口座の残高400万円のみで計算をしました。
っていうか、現金としてあるのが400万ですから、分与できる額なんてしれているので、それも考慮してやったというのに。

って、そのことは離婚協議書に書名を貰う際に説明をしたのに、

「そんなん知らん。通帳を全部見せろ。それから、お前が今まで通信教育で無駄遣いした分や、勝手に子供を塾に通わせている分の月謝はさっぴいて考えているんやろうな。」

と言いだしました。

通信教育で確かに40万使いましたが、10年前の話ですよ・・・
自分だってバイクを買ったり、ヘンなクラブ会員になったりしてたくせに。

塾の月謝はまだ言うか・・・って感じです。
塾に通わせることは私が決めましたが、その月謝が元夫の給与口座から落ちているのが納得いかないようです。
これについては、今までも散々文句たれてましたので。
勝手に口座から月謝払いやがって、返せってね。
ちなみに子供が塾に通い出して、もう3年目なんですけどね。

「あと、家計の支出についてちゃんと説明しろ」

だそうです。
あーうるさい。
ちょっとでも無駄遣いしていたら、これも財産分与から引くつもりなのでしょうか。

以前に離婚の原因6:モラハラでとどめ!にあるように、パソコン購入でもめた際にも同じことを言われ、図解して説明したのですが、

「そんな宇宙人の絵みたいなモンで納得できるか!おまえ会社で会計報告書みたことないんか!」

と返品されました。

お金の流れを矢印付きで、手書きで記載していたのが納得できなかったみたいですね。
きっとエクセルなんかで、立派な表形式で記載しないといけなかったんでしょう。

あほらしくて、その後修正しなかったので、またまた家計報告書を記載しろと言い出したのでしょう。

とりあえず、私はWEB通帳なので、今見せろといっても見せられない。
(目の前でログインなんかしたくないし)
そもそも、お互いの給料口座の額なんかたかがしれてるから、計算に入ってない。
土地建物については、ちゃんと近所の不動産屋や路線価から確認した。
で、その内の3/5と400万を足して2で割ったら、この額になるでしょ!と、前と同じことを伝えました。

最後には、

「ふん、親(自分の親のこと)にはおまえからゆっとけよ。」

と、捨て台詞で、ひとまず夫への離婚への了承(?)は頂けました。
あんたの親だろうが、と思いつつ、まあいいや、と思ってひとまずこの場は終了です。



次の記事 » 離婚バトル5:離婚後の住居確定1

前の記事 » 離婚バトル3:会社に離婚を切り出す


以前に夫に離婚したい気持ちは伝えてありますが、離婚日が近づいてきたのでハッキリと離婚を決意してもらわねばなりません。