離婚バトル2:実家に離婚を切り出す


実家は遠いので年に何度かしか帰省しません。帰省したときに離婚を伝えておかねばなりません。

まさか、「離婚しようと思って〜♪」なんてメールを出すわけにもいかないでしょうしねえ。

私は日ごろはあまり悩まないタイプなのですが、さすがに離婚となると、自分以外も巻き込むわけですし、本当に離婚の道を選んでも良いのかどうかを悩みました。

実は私の場合、結婚自体から反対されてまして。
家出同然で出て行ってたものですから、親は心配して、地元で有名な占い師さんなんかに私と元夫のことを占われていたりしました。

そのときの占い師さんのお言葉は
「今すぐ連れ戻しなさい、殺されますよ」
だそうです。

当時、親から聞いただけですから本当かどうかわかりませんけど、まあ占い師も反対の結婚だったと。

じゃあ、今離婚しようと思っていることを聞いたら今度はなんて言うかなあと思いまして。
実家に帰省したときに、その占い師の所に行ってみたいなあ〜と気軽にゆって行ってきました。

まあ、何といっても10年以上も前のことだし、突然の訪問なので、過去にこんな占いをしたなんて分からないだろうから、普通に「離婚なんておやめなさい」とか言われるかな?と思いつつ・・・

占い師さんも世代交代していて、息子さんが登場。

「あのー実は離婚しようと思ってるんですか、本当にそれでいいかを聞きたくて」

とそれだけ伝えて、後はキツネ様が降りてくるのをしばし待ち。

で、息子占い師はキッパリ
「あなた、もうやり直す気ないでしょう?離婚されてもいいのでは?」
と一言。
「いや、でも夫は嫌ですが、同居していて子供の面倒とか仕事はやりやすいし、そういうメリットで悩んでいて・・・」
「それは関係ありませんよ。あくまでだんなさんとの関係が一番ですから。」

うーん、そういうもんか。
そうだなあ、いくら回りがよくても、その中心人物が嫌だったら、やっぱりダメかもね。

ついでに、今お誘いを受けている会社さんがあったので、転職についても聞いてみたり・・・

「それはどっちでもいいですよ。6:4くらいで転職した方が良いような、という程度。でも今の職場はこれ以上の出世はないかもしれませんね。」

なぬ〜今の会社ではこのままかい!安月給なのに!!
しょうがない、やはり転職するか・・・いや、まあそれはよいとして・・・

占い師さんの後ろに
「職業カウンセラー認定資格書」
なんかが貼ってあるのがちょっとうさんくさいですが、何となく背中を後押しされた気分。

で、帰りの車の中で母親に
「実は離婚の相談をした。離婚しようと思って」
と切り出したのでした。

母親は「なんで!」「ちょっと位ガマンしなさい」「離婚の理由は!?」「子供はどうするの!!」といいながら「だから最初っからあんなのあかんって言ったやろ」と結婚前の話まで持ち出されましたが、今すぐって分けじゃないし、3月までは動かないしと言う所で、以外にすんなり終了しました。

母親からは「ちゃんと相談してくるように」と言われてしまいましたけどね。



次の記事 » 離婚バトル3:会社に離婚を切り出す

前の記事 » 離婚バトル1:夫に離婚を切り出す


実家に離婚を切り出す。といっても年に数回しか帰省しないのでその時に離婚のことを言うしかありません。